わんこいん

The world is two sides of the same coin.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

jplain.bstで参考文献を表示させる.

/usr/local/texlive/p2009/texmf/pbibtex/bst  にあるjplain.bst


/usr/local/texlive/2009/texmf-dist/bibtex/bst/base  にうつす. 元々ここのplain.bstはLaTeXで読み込むことが出来た.のでjplain.bstをこのフォルダに入れて読み込み可能にしてやろうということだ.

入れたあとにmktexlsr を実行する必要あり!!!!/usr/local/texlive/2009/bin/universal-darwinのmktexlsrを実行した. するとちゃんとjplain.bstを読み込んで参考文献が表示できたよ!!

むっちゃなやんだ・・・http://0xcc.net/misc/mktexlsr.htmlこのサイトのおかげで気づくことができた・・・.なんてこった.


しかーーーしjplainで無理矢理参考文献作ったら出力がおかしい!連続してタイトルを作ったり・・・
なんてこった.

plainに戻して,日本語文献もできるか試してみた.
出来たーーーー!!これでいいやん.はじめから!!なんてこった.
英語タイトルのrefs.bibファイルはpeparsでBibTeX形式でエクスポートした物.
refsj.bibファイルは手作業で日本語の書籍や論文のBib情報をまとめていく.
http://keijisaito.info/arc/bibtex/get_bib.htmAmazonからBib情報作成方法など書いてあるサイトです.

追加!!.
jplainやjunsrt.bstを実行するpBibTeXの設定が分かった.やっとできたーーー.環境はMacのTeXworksです

jplain.bstで参考文献を処理しようとしていたが・・・.はまってしまった.
plain.bstでの処理はできた.これはTexworksにもともと組み込まれていたBibTeXのタイプセットを使用していたからだ.処理の順番としては
pdfpLaTeX→BibTeX→pdfpLaTeX→pdfpLaTeXと実行すれば参考文献はちゃんと出力できていた.

しかーーーしjplain.bstやjunsrt.bstはBibTeXでは処理できない!なにせこいつらはpBibTeXだからだ・・・.

pBibTeXでjplain.bstをちゃんと処理するには環境設定のタイプセットでpBibTeXを追加してあげないといけない.
名前→pBibTeX
プログラム→pbibtex
引数→$basename  でここでも少しはまった!引数で-kanji=utf8を設定しとかないといけない!!

これでpBibTeXを実行すればできる.
同じようにpdfpLaTeX→pBibTeX→pdfpLaTeX→pdfpLaTeX これでjplain.bst方式で参考文献が出力されるのだ!!!
参考http://oku.edu.mie-u.ac.jp/tex/mod/forum/discuss.php?d=442
あーつかれた.1日以上かかった・・・
スポンサーサイト
  1. 2010/11/01(月) 23:42:21|
  2. TeX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<頭頂葉 1章 | ホーム | LaTeXをターミナルで実行!!( bash_profileを作成せよ!)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://brainmuscle.blog64.fc2.com/tb.php/16-4f947e45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。